So-net無料ブログ作成

2019年。我が家の木瓜の花。まとめ。 [ホ]

今年も咲いた木瓜(ぼけ)の花。
写真を撮ったのでまとめてみました♪


木瓜の花.JPG

紅白混ざった花びらです。


木瓜の花.JPG

白い花だけ。赤い花だけ。
このように同じ枝に咲くこともあります。


紅白の花が咲く木瓜ではありません。
元々は紅白別々の木が近くに並んで植えてありました。

植えたのは私ですが紅と白の盆栽を2つ貰って世話が出来ないから地植えしちゃったのです。
我が家の庭木って「欲しくないけれど断れないから」貰って植えた木が多いのです。

それで、ここ何年かの間に「もう世話が出来ないから」という理由で庭木をどんどん切り倒しているのですが、この木瓜は切ったものの捨てられなかった木です。

なぜかというと、休みで帰ってきた息子が「どうしちゃったの?」と。
息子はこの木瓜が大好きで家に居た頃はずっと世話をしていました。

だからね、私「あーーーーー(しまった!)」というわけで、また世話をしているのです。



木瓜の花.JPG

みなさんこの花を見ると褒めてくれます。
「すごいね~♪」
「良い花だね~♪」

そうなんだけどね、棘は長くて鋭いし、成長は早いし、横に枝が広がるから危険だしね。
剪定した後はその始末が大変なのよ~~~



木瓜の花.JPG

花の裏側から撮った1枚です。

咲き始めは全体に白い花が多く、その中に紅い花がいくつか目立ちます。
白い花びらは咲き続けるうちにピンク色に変化して最期は散ります。
七変化ではないけれど最初から最後まで楽しませてくれる花です。


木瓜の花.JPG



木瓜の花.JPG


花の蜜を求めて不器用な野鳥が来るんですよ。
我が家の花をみんなちぎっては捨て、ちぎっては捨て、こんなふうにしてしまうんです。

梅の花も同じ。
木瓜(ぼけ)の花もこんな感じ。
最近咲き始めた花梨(かりん)の花も同じ。

まぁ、これはこれで良いと思ってます。

写真は2019年23日~30日ごろまで撮影したものです。








ブログランキングに参加しています。



有難うございました。



nice!(49)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

木瓜の花。 [ホ]

我が家の庭の木瓜(ボケ)の花です。

木瓜の花.jpg


木瓜の花.jpg

2011年の木瓜の花。


木瓜のツボミ.JPG

2016年の木瓜のツボミです。


木瓜の花.jpg

2006年の紅い木瓜の花です。
このページの写真は全て同じ木瓜の木に咲いた花です。

面白いでしょ?!
白い花は咲きながらピンク色に変化します。
同じ枝に紅白の花が咲きます。
ひとつの花の中に紅白の花びらがまじって咲きます。
また、一枚の花びらが紅白になります。

もともとは紅白の別々の木瓜の木だったんですよ。
それを近くに植えたらいつの間にか混じって咲くようになったんです。

この木瓜の花は息子がとても気に入って育ててくれました。
木瓜の枝は横に広がるので息子が棒を立てて横に伸びた枝を上に伸びるようにしてくれたのです。
でも、息子が独立してからは私と夫は面倒になってしまって・・・
思い切って剪定してしまいました。
それを見た息子がガッカリしておりました。はい。

花が咲くと「綺麗ね~~~♪」と喜んでいながら、「やれ成長が早い」だの「棘が長くて鋭くて危ない」だとか「枝の始末が面倒」だのと文句ばかりを言っているものですから毎年帰って来る息子はガッカリしております。

ごめんよ~~~息子ぉ~♪


※木瓜の花は春に咲きます。





ブログランキングに参加しています。



有難うございました。



nice!(120)  コメント(20) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

豊明丸の花。サボテン。マミラリア。 [ホ]


今年も豊明丸の花が咲きまして夫が撮影してくれました。

豊明丸.JPG

マミラリアなので小さな花が冠のように咲きます。

豊明丸.JPG

淡いピンク色で可愛いでしょ!?
花の大きさは1.5cmくらいかな~~~?

豊明丸.JPG

ちょっと棘がやっかいなサボテンです。
先がカールしているので手袋や衣服が引っかかると取りにくい。
おまけに刺さると痛い!

2018年3月3日 夫が撮影してくれました。


こちらは私が撮った豊明丸です。↓

豊明丸.JPG

花と棘を見て欲しかった!のでこの大きさまでカットしました。

サボテン科 マミラリア属 豊明丸(ホウメイマル)








ブログランキングに参加しています。



有難うございました。


サボテンの日々。サボテンの観察日記です。

多肉植物の花。多肉植物とサボテンの花だけのブログです。



nice!(104)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ポーチュラカ [ホ]


我が家で咲いていた時のポーチュラカの花です。
ちょっと古い写真を4枚載せます。

ポーチュラカ.jpg

ポーチュラカ.jpg

ポーチュラカ.jpg

ポーチュラカ.jpg


2015年撮影。


手元にある図鑑に、マツバボタンの仲間でドイツで改良された園芸種と書いてありますよ。

別名:ハナスベリヒユ







ブログランキングに参加しています。



有難うございました。


nice!(46)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

庭の木瓜(ボケ)の花 [ホ]


我が家の木瓜(ボケ)。
これは白い花の木瓜です。
はじめに白く咲きます。


木瓜(ボケ)の花.jpg

木瓜(ボケ)の花.jpg


だんだんと、
だんだんとピンク色に染まっていきます。


木瓜(ボケ)の花.jpg


木瓜(ボケ)の花.jpg


木瓜(ボケ)の花.jpg

そして散っていきます。



2012年4月撮影。


この木瓜の木ですが、すごく大きくなってしまって手に負えなくなっちゃったんです。
伸びるのは早いし長くて強い棘があります。

花がいっぱい咲くのはとても嬉しかったのですが剪定した後の始末が大変で、枝をそのまま捨てるのは危険ですからね。

それで思いきって小さく剪定してしまいました。
だから今年は少しの花しか咲きません。
弱ってしまったのか虫もつきやすくなってこれからどうなるのだろう?と心配しているんです。










ブログランキングに参加しています。



有難うございました。

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サボテンの豊明丸の花 [ホ]

我が家のサボテン、豊明丸の花です。
花のブログなので花が咲いた時だけサボテンも載せます。

豊明丸の花

まずは豊明丸の花の写真です。ひとつの花の実際の大きさは1.5㎝くらい。


豊明丸の花

豊明丸はマミラリアなので花冠のように環になって咲きます。


豊明丸

綺麗でしょう?!
花びらが透き通っているんですよ。


豊明丸の花

棘はまっすぐではなくカールしています。
柔らかそうだけどこれが衣服や軍手に引っかかると大変面倒な棘なんですよ。
外そうと思うと別の棘が引っかかる。
それを外そうとするとまた別の棘が・・・
もちろん刺さると痛い棘です。

サボテン科 マミラリア属 豊明丸(ホウメイマル)

2017年2月26日 夫が撮影してくれました。

全部の花が咲き終わるまで1ヶ月以上かかります。







牡丹の花。赤くて細い花びらの牡丹。白い牡丹。ピンク色の牡丹。 [ホ]

赤い牡丹

2006年に撮影した牡丹です。
花びらが細い種類の赤い牡丹です。



白い牡丹の花

白い牡丹の花

ピンク色の牡丹の花

2008年に撮影した牡丹です。
牡丹の花は柔らかい花びらです。
でも最近は芍薬とのハイブリッドもあるそうで一概に見分けがつかない物もあるそうですよ。


※追記:古い写真を載せます。↓


冬の牡丹.jpg

冬の牡丹です。

2007年 冬








ホザキシモツケの花 [ホ]

ホザキシモツケの花。

ホザキシモツケ

ホザキシモツケ

ホザキシモツケ

2006年夏撮影。

家族旅行で行った奥日光で咲いていたホザキシモツケです。
上の2枚は小田代ヶ原、最後の1枚は戦場ヶ原にて。




ホトトギスの花 [ホ]

ホトトギスの花

ホトトギスの花 ユリ科

2010年10月22日 夫が撮影

別名:ユテンソウ
花言葉:永遠にあなたのもの



私の閉じてしまったホームページからコピーしました。












金乗院(清水開運不動尊)の牡丹 [ホ]

4月の牡丹の花です。

金乗院 清水開運不動尊の牡丹

撮影した場所は「金乗院 清水開運不動尊」
千葉県野田市にあるお寺です。
清水公園のすぐ隣です。


金乗院 清水開運不動尊の牡丹

牡丹の花についての私なりの知識を書くと、
牡丹は木ですね。
冬になると葉が落ちても幹が残っています。

金乗院 清水開運不動尊の牡丹

それから花びらが柔らかい。
葉の形は大きくて一枚が手の平のように切れています。


金乗院 清水開運不動尊の牡丹

ついでに芍薬の知識は、
芍薬は草です。
冬になると葉も幹も消えて土の中で春を待ちます。
花びらは牡丹と比べるとハリがあります。
葉は牡丹と違って細く長いものが多く枝が別れるようになっています。

ただし、最近は牡丹と芍薬のハイブリッドもあるので区別がつかない品種もあるそうですよ。
花が咲くのは牡丹が先です。
牡丹の花が終わる頃にそれを追うように咲き始めるのが芍薬です。

と、私なりの知識でした♪

清水公園の花ファンタジアという有料の施設でじっくりと観察したことがありまして、
その時の知識です♪

今日の牡丹の写真は金乗院清水開運不動尊で夫が撮ってくれたものです。
金乗院清水開運不動尊の牡丹は無料で鑑賞できます。
冬は冬牡丹が鑑賞できます。

清水開運不動尊の牡丹の日記はこちら

このページ牡丹の写真は、2016年4月25日のものです。







ブログランキングに参加しています。



有難うございました。