So-net無料ブログ作成

豹紋の花。多肉植物の花です。 [ヒ]

豹紋の花。多肉植物の花です.JPG


豹紋の花。多肉植物の花です.JPG


豹紋の花。多肉植物の花です.JPG


豹紋の花。多肉植物の花です.JPG


豹紋の花。多肉植物の花です.JPG


豹紋の花。多肉植物の花です.JPG


豹紋の花。多肉植物の花です.JPG


豹紋の花。多肉植物の花です.JPG

2018年5月3日撮影。

この豹紋の写真も夫が写真を撮ってくれました。
花そのものはとても小さくて5mmくらいしかない大きさです。

家にある図鑑に「花は鑑賞に向かない」とか書いてありましたが私はこの花が好きです。
とても地味だし小さすぎる花だけど「私は花なのよ!」って頑張って咲いているようです。

豹紋の名前は葉の表面の模様が豹の模様に似ているからです。
葉の裏側は濃い紫色一色です。
見れば見るほど魅力的な多肉です。

ヒアシンス科 レディボウリア属 豹紋(ヒョウモン)









ブログランキングに参加しています。



有難うございました。



nice!(74)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

姫足長虫取りスミレ。管理の仕方も書きました。 [ヒ]

夫が世話をしている姫足長虫取りスミレです。

姫足長虫取りスミレ.JPG


姫足長虫取りスミレ.JPG

2018年3月3日 夫が撮影しました。

タヌキモ科 ムシトリスミレ属 姫足長虫取りスミレ

※追記:書き忘れておりましたが、虫取りスミレは食虫植物です。


2011年に1株買ってずっと夫が育ててきました。

夫流の管理の仕方
鉢の表面はうっすらと細かい赤玉土をのせています。
その下に水ごけ。
水は多い方が良く、表面が乾いてきたら水をやるようにする。
乾燥に弱い植物です。

我が家では夫の部屋の広縁に他の多肉植物と一緒に置いて世話をしています。
半日陰、風通しの良い場所です。
エアコンの影響がない方が良いとのこと。
室内だけで育てています。


夢の島熱帯植物園にあった札によると
この「ムシトリスミレの葉の表面に、 粘液を出す毛と消化液を出す毛の2種類の毛があって、その役割分担で補虫消化している」のだそうですよ。


姫足長虫取りスミレ、まとめ









ブログランキングに参加しています。



いつも有難うございます。


nice!(89)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

我が家のヒガンバナ [ヒ]


我が家のヒガンバナです。
これは2015年の写真です。

ヒガンバナ.jpg


さきほど見たらまだ葉しか出ていませんでした。
家のヒガンバナはいつも10月に花が咲きますが、
肥料をやらないから咲かないかも?









ブログランキングに参加しています。



有難うございました。

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2013年の姫足長虫取りスミレです。 [ヒ]

我が家の姫足長虫取りスミレです。


姫足長虫取りスミレ.jpg

姫足長虫取りスミレ.jpg

撮影日:2013年2月7日

我が家の環境に合っているようです。
写真は2013年のものだけど2017年の今年も咲きました。
咲き始めると全部の花が終わるまで何カ月も楽しめます。
花が向いているのはお日さまの方向です。

食虫植物です。




姫足長虫取りスミレ.jpg

姫足長虫取りスミレ.jpg

撮影日:2013年1月23日
撮影:夫

世話も夫がしています。
どんどん増えます。タネがこぼれて増えるのではなく、小さな葉が増えていきます。
表面は土だけどその下は水苔です。








今日も有難うございました。



ブログランキングに参加しています。

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヒガンバナ [ヒ]

ヒガンバナ

撮影場所は都立水元公園
撮影日は2007年9月18日

水辺の近くを歩いていたら1本だけ真っ赤に咲いているのをみつけました。
きっと鳥がタネを運んでのでしょうね。

秋のお彼岸の頃に咲くから彼岸花と呼ばれるそうですが、花の形が女の子の結い上げた髪の形に似ていることからマンジュシャゲとも呼ばれています。

我が家にも塀のそばに毎年この花が咲きます。
毎年お彼岸を過ぎた頃に咲き始めますが鳥がタネを運んでくれたものです。



ヒガンバナ

撮影場所は都立水元公園
撮影日は2007年10月

水元公園は都立の公園で、とても広い敷地の奥の方に昔は「緑の相談所」だった建物があります。
その建物の裏に小さな植物園があって、そこでこの彼岸花を写しました。

ヒガンバナpg




我が家のヒガンバナです。

ヒガンバナ

2016年9月27日撮影

西側のブロック塀のところにひそかに咲いていました。
いつもの事だけど、誰も気が付かない場所なのでかわいそう。







ヒュウガミズキの花 [ヒ]

ヒュウガミズキ

ヒュウガミズキ

ヒュウガミズキ

ヒュウガミズキ

2010年4月6日 茨城県自然博物館にて撮影。
自然博物館へ桜を見に行った日に夫が撮ってくれたヒュウガミズキの花です。
懐かしぃ・・・・


ヒュウガミズキ(日向水木)
別名:ヒメミズキ(姫水木)
マンサク科トサミズキ属
落葉低木




ピンポンノキ。ピンポンノキの花 [ヒ]


ピンポンノキの花


ピンポンノキの花

ピンポンノキの花です。

Sterculia nobilis
アオギリ科 ピンポンノキ属

2013年5月 撮影:千葉県市川市動植物園 鑑賞植物園にて

このピンポンノキの花を初めて見たのは夢の島熱帯植物館ででした。







ヒヨドリバナ [ヒ]


ヒヨドリバナ


ヒヨドリバナ


ヒヨドリバナ


2007年9月20日撮影
市川市動植物園にて

キク科 フジバカマ属 多年草 各地の山野に生育。

今から10年くらい前の写真です。
別の私のブログを閉じる準備をしていてこちらに移動させました。
市川市動植物園のどこらへんで撮ったのかすら覚えていません。
10年前だなんて懐かしすぎ・・・







ヒマワリ [ヒ]

 hi.jpg


 hi2.jpg

 撮影日:2009年9月



 hi3.jpg

 撮影日:2006年

 上の3枚は公園で咲いていたヒマワリです。
 こんなにいっぱい咲いていると嬉しくなりますよね~♪



 hi4.jpg

 撮影日:2007年

 これは我が家のヒマワリです。
 ほっといても毎年夏になるとどんどん咲きます。
 直径10㎝もない小さな花ですが枝になってたくさん咲きます。


 hi5.jpg

 撮影日:2008年
  
 今から20年くらい前に通販で苗を買いました。今みたいにネット通販のない時代です。
 カタログを取り寄せて、その中からみつけたのですが「枝咲きヒマワリ」という名前でした。
 もしかしたら別の名前があるのかも知れませんけどね♪








ヒスイカズラ(翡翠葛) [ヒ]

ヒスイカズラ

 2009年撮影

 学名:Strongylodon macrobotrys
 科属名:マメ科ストロンギロドン属
 原産地:ルソン島
 熱帯つる性植物、ヒスイカズラ(翡翠葛)
 英名:ジェード・バイン

ヒスイカズラ

 2007年撮影


ヒスイカズラ

 2007年5月撮影

 植物館の説明文によると・・・2月ごろから花が咲き始めるそうですよ。





 2013年7月23日下の写真を追加しました。↓

ヒスイカズラ

 2013年5月 市川市動植物園、観賞植物園にて撮影。